サイト閉鎖のお知らせ②

サイト閉鎖のお知らせの記事が5,000文字を超えたので
追記文をこちらに書かせていただきます。
また5,000文字くらいに達したら次のページに書かせていただきます。

————— 8月26日追記 —————

●移転先にてカジノ関連記事の一覧を作成

カジノに関する記事の一覧を作りました。
都合上、オンラインカジノという文字は消し、
あくまで海外旅行の際に訪れたい観光名所の1つという扱いなので、
文章からオンラインカジノという文字は消しました。

カジノ関連記事

————— 10月1日追記① —————

●マリーナベイサンズでの両替について

移転先のサイトでシンガポールのマリーナベイサンズの記事を書いてますが、
ページを内容ごとに何分割かしたにもかかわらず、
ホテル紹介のページに「マリーナベイサンズ 両替」というキーワードで
訪問される方が多く、「だからもうそのキーワードで来るのはやめて」
とアクセス解析を見る度に思ってしまいます。

マリーナベイサンズでローリングを軌道に乗せて収益の柱にしたい
と希望される方向けに書いたつもりなのですが・・・
FXを経験された方はスプレッドについて痛いほど理解されていると思いますが。
飲食代とか交通費程度の金額でしたら許容範囲ですが、
大きな買い物とか投資目的ではとてもじゃありませんが・・・
どうやらお金をドブに捨てたい奇特な方がかなりいらっしゃるようです。
最終的には理論値との勝負でどう超越するかが課題なのに。
くどいようですが投資目的の両替はクリフォードセンター一択です。

●シンガポールの行き方の記事について

もう決めました。全て削除することにしました。
ページ自体は削除せずに別な内容に書き換えることにしました。
ホテルを予約して下さった方がスムーズに
地下鉄や路線バスでの経路を調べやすくするために書いたつもりですが、
肝心のシンガポールのホテルの予約の件数がほぼゼロで・・・
予約自体はいただいているんですが、層が非常に偏ってるんです。
ローリングのためにマリーナベイサンズに通う方、
もしくは翻訳して予約をしてくれた外国人の方なんです。
肝心の日本人の一般客はほぼゼロという状況で・・・
というわけで書いても意味がなかったことが判明したので
行き方の記事全体を見直すことにしました。

1つわかったことがあります。
それは名前は伏せておきますが、
日本の大手有名旅行会社は旅行の予約が成立したら
「はい、もう用済みです」
「細かい情報はネット上にあるのでテキトーに調べてください」
「あとは当日、空港の到着フロアでガイドが待っております」
としか思ってないことですね。
だから旅行会社の純利益は総売上の1%なんです。
海外渡航者数は緩やかな右肩下がりですが、
実感としては激減していると思います。
年に何回も渡航する人が数値を押し上げてるだけだと思います。
海外では日本人を見かける機会がほとんどなくなってしまいました。
中国人とか韓国人が多すぎるのでそう感じてるだけかもしれませんが。

●ホテル予約をしてくださる方のタイプ

①カジノ関連

最も大切なお客様です。
カジノ周辺の情報も充実させたいと考えています。

②夜遊び関連

カジノ関連のお客様と同じくらい大切です。
バンコク・パタヤ・マニラの(広い意味で)飲食店など
外観を撮影して、もっと記事数を増やしたいと思います。
店の内容はみなさんがそれぞれ調べてくれるので、
外観の撮影と地図の正確さを徹底したいと思います。

③海外サッカー関連

ヨーロッパでサッカー観戦される方で
過去のオッズを調べたい方がいらっしゃって、
その流れでホテルを予約してくれる方がいらっしゃいます。
スタジアムの撮影ってけっこう難しいんです。
自由に出入りできる所もあれば、
試合開催日以外はNGという所もあります。
そういう場合は隙間を見つけて撮影したりしています。
あと、クラブ所有のスタジアムなんかは
施設内にレストランとかバーがあったりして、
そこから撮影することができたりするので、
そういう所を利用したりしています。
ちなみにブックメーカーのオッズについてですが、
少し表現を濁しています。
海外でプロバイダーによってギャンブルを助長するサイト
と認定してアクセスブロックされることがあって、
そうなった場合、管理画面にすらログインできないので、
オッズという表現を「対戦データ」と表現させていただきました。
しかも参加クラブとスタジアムなど一覧のページのみ。
記事ページではただの数字の羅列になっています。
見れば一発でそれがオッズだとわかりますが。

④ロングステイ希望者

宿の宿泊料金自体はそれほどでもありませんが、
宿泊日数は29泊とか観光ビザの滞在期限いっぱいいっぱいに
予約してくださる方がいらっしゃいます。
ホテルを予約してくださる方のほとんどが1~3泊ですが、
最も推したいスタイルがこれです。
ロングステイに適した宿の情報も充実させたいと思ってます。

⑤一般客

主に観光やショッピングの方です。
超有名旅行会社の社員さんには創造もつかないような
キーワードで何十回も同じキーワードで検索して
最終的にホテル予約してくださる方がいらしゃいます。
買い物の方が重要なためか、宿泊料金は・・・

ここから先は言葉が出ません

⑥ライブなどの興行

ライブの数か月前から検索数が増え、
数週間前になると爆発的に検索数が増えます。
ライブ会場へのアクセス方法など入念に調べるのが目的で
ホテル予約には直結しません。
ゼロではないんですが、ホテルと言うか、
ホステルとかゲストハウス、底辺の底辺です。
予算の大半を航空券とチケットとに遣うため
宿代は最も優先順位が低くなっているからだと思います。

⑦バックパッカー・貧乏旅行

やはりお金にシビアなのか超神経質な方々です。
とりあえず初日の宿泊は確保して、
2日目以降は直接、現地で延長するというタイプです。
キャンセル率も非常に高く月によっては80%近くに。
路線バスというキーワードでアクセスして来る方も
おそらくこのカテゴリーの方だと思います。
というわけでこのランクの宿の記事は
周辺ホテルのリンクだらけにする方向です。
ページの上部は他のホテルの紹介、
地図なんかはかなり下のほうへ・・・
でも、この構成はかなりおもしろい結果になるんです。
サイドバーの文字なんかも全部拾ったりするので
ある意味凄いページが出来上がる可能性があります。

————— 10月1日追記② —————

アクセス解析を見てマレーシアのカジノへの行き方について
調べたい方がいらっしゃったようなので内容を追加しました。
でも、空港からダイレクトというのはあまりおすすめできません。
空港もゲンティンハイランドも両替レート良くないので。
面倒でもKLセントラル駅まで行って、
隣にあるニューセントラル(最もおすすめ)で両替してから
ゲンティンハイランド行きのバスに乗るほうがおすすめです。
最終的には為替のスプレッド、理論値との勝負になるので
外貨両替を甘く見てもらいたくないので・・・・・
お金をドブに捨てるのが好きな方は別ですが。

————— 10月7日追記 —————

日本円からタイバーツを削除しました。
理由はアクセス解析を見て負の感情しか湧いてこないからです。
そういう両替系のキーワードはもうお腹いっぱいなので削除しました。
カジノの記事の移転先ですが、そこでもまた同じような感じで
LCCや両替の記事を同じドメインの別サイトに移転することにしました。
やはり負の感情しか湧いてこないからです。
マリーナベイサンズでのローリングで最大の敵は負の感情です。
この負の感情はマイナスの連鎖の原因となってしまうので、
抑え込むと言うか、切り離さなくてはいけません。
アクセス解析を見て負の感情しか湧かないのは致命傷の原因になりうるので、
思い切って記事を移転(もしくは削除)することにしました。
——————————

とりあえず追記のつもりで書かせていただきましたが、
早くも3,300文字に到達してしまいました。

長文を読んでくださった皆さま、
ありがとうございました。

※言いたいことがあったら追記したいと思います

サイト閉鎖のお知らせ①

当サイトを訪問して下さる皆さま、
いつもありがとうございます。

突然ではありますが、
当サイトは閉鎖することになりました。

ご存知の方も多いと思いますが、
オンラインカジノを取り巻く環境が激変し、
とても紹介できる状態ではなくたってしまったのがその理由です。

NETELLERとSkrillの2つの電子マネー
オンラインギャンブル目的での送金が不可能になると発表されました。
(海外での取引、ギャンブル以外での利用は問題なし)

今回の措置でオンラインカジノ、ブックメーカー、オンラインポーカー
などが規制の対象となりましたが、
海外FX、バイナリ―オプションなども今後は規制の対象になるのかもしれません。
投資とは言ってもオンラインカジノの数十倍もギャンブル性が高いので
黄色信号状態と言えるのかもしれません。

当サイトは閉鎖する方向ですが、
記事に関しては移転作業を進めています。

やはりランドカジノ(リアルカジノ)は
旅行者にとっては訪問したい観光スポットであり、
かなり大きな存在だと思います。
フロア一面に並ぶスロットマシン、テーブルゲームは
すごく華やかでその場の雰囲気を楽しむことができます。
これは現場ならではだと思います。

少しずつではありますが、こちらのサイトに
記事を移転を進めて行く予定です。

海外旅行&ホテル予約情報

実はサイトを一つにまとめられない理由があったんです。
「ギャンブル・酒・ホテル」
この3種類は切り離さなければいけなかったんです。
名前は伏せておきますがキーワード広告の業者さんがすごくうるさくて、
少しでも引っかかったらアカウント凍結とか厳しすぎました。
しかし、そのキーワード広告さえ撤去すれば表現の幅が広がり、
この3つのカテゴリー全ていっしょにすることができます。
普通に考えたらこの3つは海外旅行の重要な要素です。
これがあるからこそ海外旅行の楽しみが増すわけです。
フィリピンなんかビンゴホールという楽しめる場所があるのに、
現状、オンラインカジノと同じ扱いです。

ゆっくり起床して昼食がてらサンミゲル(ビール)を飲み、
世界規模の大型ショッピングモールにでも行って、
夕方、ちょっと公園とか世界遺産とか見に行って、
夕食は歓楽街などで酒を飲んで、その勢いでカジノへ行く・・・
というスタイルの海外旅行をおすすめしたいわけです、本当は。
でも酒ネタはダメ、ギャンブルネタはダメなど制限がありすぎて、
書きたい記事もまともに書けませんでした。
店舗名(固有名詞)とか飲食店(もちろん広い意味で)とか
かなり当たり障りない表現を使ってました。

しかし、今後は違います。
某キーワード広告を完全に撤去したので
カジノと酒のネタも書けるようになりました。
(契約しているサーバー側の制限は多少あります)

サイト移転に関しては以前から何とかしたいと思ってました。
カジノ・ホテル・両替・エリア情報など
それなりの検索キーワードで訪問してくださる方が多かったんですが、
サイトがバラバラで一貫性がなかったんです。
断片的な情報を独自に繋ぎ合わせて下さる訪問者もいらっしゃいますが、
全体的に見ると断片的な情報ばかりだったと思います。
サイトを移転することでひとまとめに出来るようになったので、
今までよりは閲覧しやすくなるのではないかと思います。

サイト閉鎖(記事は移転)が決まったので、
いろいろ書きたかったことを書かせていただくことにしました。
ジャンルとか文章とかまとまりがないかもしれませんが、
多目に見ていただけたら嬉しいです。
(書きたいことが山ほどあるので)

●ホテル業界について

欧米は周囲と協力するタイプではなく、
「自分さえよければ」という二元論の考え方の人がほとんどです。
自分たちの論理に当てはまらなければそれを押し付ける。
これはホテル業界にも言えることだと思います。
現在、世界ではホテルが右肩上がりに増加しています。
需要の増加に対応するという形ではなく、
ホテルの増加に合わせてLCCの便数を増やすという感じです。
もし、友達と海外旅行で同じ部屋に泊まる時、
バス・トイレがガラス張りだったらどうしますか?
欧米では「バカンスの時は開放感に浸りたい」という考え方が定着しているため、
ホテルでもこのようなスタイルが求められてしまうというわけです。
このようなホテルが激増しているわけですが、
不思議なことに宿泊客のレビューにはほとんど書かれていません。
それもそのはず、レビューというのは
500~1,000人に一人くらいしか投稿しないので、
投稿者の層も非常に偏ってしまいます。
自己主張が強い人だったり、
もうこれ以上犠牲者は増やしたくないという方が
宿泊を検討している方へ警告する意味を込めて投稿する程度なんです。

レビューという形で表面に出てくるのは良いのですが、
ほとんどの人は海外旅行そのものをやめてしまいます。
「もう二度とこんな気まずい思いはしたくない」
というのがその理由だと思います。

ヨーロッパはもちろん、インドネシアのバリ島なんかも
かなりの確率でこのような部屋に当たってしまいます。
日本の旅行会社はホテルのバス・トイレの形状とか
全く気にすることなく客にプッシュしていると思います。
自分たちが泊まったことなどないホテルをプッシュ・・・・・

日本人の出国者数は横ばい状態ですが、
就航するLCCが増えて路線網・便数も充実する一方なのに
統計は右肩下がりです。
激減しているにも関わらず右肩下がりが緩やかなのは
頻繁に渡航する一部の人が数値を押し上げてるからでしょう。

本当はそのようなホテルの客室の形状など、
マイナス点を客に伝えた上でホテルを選んでもらうのが
本来あるべき姿だと思うのですが、
まとめサイト(キュレーションサイト)などで
幻想的なホテルの画像ばかりをピックアップして、
広告収入を得ようとしている人が多いのが実情です。
何かしらマイナス点を受け入れなければいけません。
最低限、バス・トイレの壁の状態について
全ての客に説明して同意を得てもらったうえで契約してもらうべきですが、
そのことに全く触れようとしない旅行会社の社員が多く(たぶん)
残念で仕方ありません。

ちなみに、マカオのスターワールド(星際酒店)、
知らずにチェックインして部屋に入ったらかなり気まずくなると思います。
「旅費とか全く気にしなくていいから・・・」
「ロードストーズベーカリーでアンドリューのエッグタルトでも」
と女性を誘っていっしょにマカオへ旅行して、
宿泊先はバス・トイレ完全ガラス張り(もちろん丸見え)の
スターワールド(星際酒店)・・・・・
このような活用法もあるにはあるんですが、そこは自己責任ですね。

●マリーナベイサンズについて

行き方とか両替とか観光関連のキーワードが多いです。
特に両替ですね。PAIZAに昇格して、ローリングで儲けたい
という方が多いんでしょうけど、それなら
両替からスプレッドに気を使わなければいけないので
最良のレートと言えるクリフォードセンターを
一押し(ほぼ一択です)しているんですが、
それでもマリーナベイサンズでの両替に関するキーワードが多いです。
ショッピングモール内とか論外なのに。

あとは行き方が多いですね。
ホテル予約してくださる方のために書いた記事なのに・・・
ここでは本音を書かせていだだきます。
「他に選択肢はいくらでもあるでしょう」
マリーナベイサンズの宿泊料金の高さって
PAIZA(中でも上級)会員へのサービス提供の原資になってると思うんです。
客室の内容が同等クラスのホテルに比べて1万円以上高いですし。
プールの利用料(使わない人も含めて)言われば納得しそうですけど。
コスパを考えたらシェラトンのほうがいいと思います。
ダウンタウン線が延伸開業して最寄り駅のニュートン駅から
乗り換えなしで行けるようになりましたし、
ニュートンサーカスとか伊勢丹スコッツも徒歩圏内ですし。
それだったらチャイナタウン駅周辺もありですね。

どうしてもプールに入りたい方はいらっしゃると思うんですが、
やはり時期的な問題があるんですよね。
秋はインドネシアの野焼きの煙がダイレクトに来たり、
冬は週の大半は昼から夕方にかけてスコールです。
朝から正午にかけては快晴(撮影には最適です)なんですが、
だんだん曇ってきて14時くらいからかなり怪しくなります。
だから冬場にプール目的でマリーナベイサンズ1泊だけという人は
かなりハズレを引いてしまってると思うんです。
プール目的なら前後1泊ずつ予備の日を設けるのがベストなんですが。

シンガポール関連記事

●ラオスについて

意外かもしれませんが、
当サイトからホテル予約して下さった方がかなりいらっしゃいました。
記事を移転する際、タイバーツに両替するタイミングとか
タクシーに乗る場所(裏技的)とか追記させていただきました。
やはり特殊なエリアはそのような情報も重要だと思うので。

サワンベガスホテル&カジノ

●フィリピンについて

イメージだけで語られる国の典型ですが、
以前からそのイメージを変えたいと思ってたので、
移転先のサイトでは詳細に書かせていただいてます。
ストリートごとに20枚前後の画像を使って解説させていただきました。
魅せる画像ではなく状況を説明するための画像なので、
逆光とか気にせず撮影してますが。
こうすることによってコンビニや飲食店があるのかどうかとか、
カジノは徒歩で行ける距離なのかとか、
ある程度、ホテル周辺の状況を把握していただけるようになってます。
(このスタイルの記事は書くのに2時間以上かかります)

あとはショッピングモールですね。
これも意外なんですが、フィリピンはショッピングモール大国で
世界の上位100ヵ所の中に30ヵ所くらい入っているんです。
(ちなみに日本からは埼玉県越谷のイオンレイクタウンのみ)
観光(世界遺産あり)・ショッピングモール・カジノ・ビンゴ・酒、
海外旅行を楽しむための要素はかなりの高得点です。

フィリピンは女子旅でも行けそうな感じになってきました。
水族館にあるH2Oというホテルには水槽付きのアクアルームもありますし、
マカティに行くとラッフルズホテルもあって、
周辺は世界規模(上位)のショッピングモールもありますし。
もちろん話題のビクトリアシークレットも。

フィリピン/マニラ関連記事

●マカオについて

やはりここは力を入れたいエリアなので、
観光名所等含めてかなり移転先のサイトではかなり記事を書いてます。
女子旅では是非行ってほしいロードストーズベーカリーの場所も。
完全と言えるかどうかはわかりませんが、把握している範囲内で
カジノが運営している無料送迎バスについても書きました。
街の状況とかストリートビューが古すぎるので
あまりお伝えできてない気もしますが。

マカオの隣の広東省珠海とか出入国手続きが時間短縮され、
ある程度おすすめできるようになったのである程度記事を投稿しました。
Googleが中国から撤退してからGPSがおかしくなってしまって、
正確な位置情報とか書けないという問題点はありましたが。
その分、通りの名前とか書いたのである程度はカバーできたと思います。
ホテルも大幅に増えて利用しやすくなったので、珠海もおすすめです。
マカオに入国して外に出るとカジノ用のバスターミナルもあって、
利用しやすいので珠海もおすすめしたいところですが、
選択肢に入れてくれてる人はかなり旅慣れた方ばかり・・・
初心者でも余裕だと思うんですが。

マカオ関連記事

●タイについて

実はホテル予約をしてくださる方で最も多いのがタイなんです。
ギャンブルに関しては厳しい(せいぜい宝くじ)のですが、
酒や遊びにはかなり寛容であるため、
(広い意味で)遊び目的の方が予約してくれるんです。
報酬をいただくからには周辺の状況をできるだけ説明して、
ホテルの周囲をある程度把握していただいた上で宿泊先を決めてもらいたいと思い、
エリアの紹介記事をかなりの本数投稿しました。
この結果も記事を数本投稿できるくらいのボリュームになりそうです。
やっぱり思うんです、一般のツアー客はしょっぱすぎ(涙)
夜遊び・カジノ目的のお客様がいかにVIPなのか・・・常々、その差を感じさせられます。
カジノ目的のお客様はVIPだからこそ本音を聞いてもらいたいとか、
そんな風に思った次第です。
ちなみにシンガポールですが、予約はゼロではないんですが、
宿泊されるホテルに偏りがあるんです。
もちろん、そっち方面の目的であろう方がほとんどで・・・・・
だからこそ大切にしなければいけない・・・・・いつもそう思ってます。

●アメリカについて

アメリカもカジノの状況が変わってきて、
ラスベガス以外でも大型カジノリゾートが増えてきました。
そういう点では行く楽しみが増えると思うのですが、
ホテルに関してはまた違った変化が見られるようになりました。
ロサンゼルス国際空港の近くにマリオットとかシェラトンがあって
1泊8,000円前後で泊まれる時代が長く続いてたんですが、
ロングビーチがジェットブルーのハブ空港になってから、
とてもおすすめできない状態になってしまいました。
1泊7~8,000円でしかも路線が充実しているバス停が徒歩圏内で
かなり強くおすすめできるほどのコスパの良さだったんですが、
いつの間にか1泊2万円近くまで高騰してしまいました。
これではとても・・・・・

しかし、カジノホテルは安く宿泊させて
カジノで遊んでいただいて、そこから回収させていただく
というシステムが成り立っているので、
まだまだ条件の良いカジノホテルはたくさんあると思います。
少しずつになると思いますが、
記事を追加していきたいと考えています。

●ヨーロッパについて

カジノ発祥ということで特徴あるカジノもあるんですが、
ドレスコードがあったり政情不安があったりするので、
あまり力を入れて紹介できるような状況ではないのが残念です。
渡航者の大半がツアー客で個人客もいるにはいるんですが、
同じキーワードで数十回・数百回も検索される方が多いですね。
ホテル予約に繋がりませんが・・・

ホテルを予約してくださる方ですが、
やはりカジノ目的の方がほとんどで良い方ばかりという印象です。
ヨーロッパに関してはサッカーとかスタジアムをテーマにしているので、
ブックメーカー等含めてサッカー関連で渡航する方が
地方都市のホテルを予約してくださいます。

ブックメーカーということで、リアルなアービトラージを
紹介させていただきたいと思います。
お金のアービトラージではなくビールのアービトラージです。
お金の出どころはパブにいるお客さんです。

例えばサンダーランド対マンチェスターシティの試合があったとします。
オッズは当然、圧倒的にマンチェスターシティ有利なんですが。
マンチェスターシティに10ポンド賭け、相手のサンダーランドに2ポンド賭けます。
その投票券を持ってサンダーランドサポーターが集まるパブへ行き、
店内のモニターを見ながら応援しているフリをします。
そして「サンダーランドの勝利に投票しました」と言って投票券を見せると
店にいた他のお客さんがビールを奢ってくれるという流れに。
試合はどちらが勝っても払い戻してもらうことができますが、
ドローだった場合は戻ってきません。
しかし、奢ってもらったビールの分だけはプラスです。
あとは思い出ですね。

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、
6,500文字を超えたのでこの辺にしておきたいと思います。

今後、少しずつ記事の移転を進めていく予定で
ページにアクセスしたら自動的に移転先に切り替わる設定です。

ドメインを残すかどうかは検討中ですが、
1日のユニークアクセス数が300くらいで推移するようなら
そのまま残して本音を書くブログとしてリニューアルしたいと思ってます。
目標収益は年間2,000~3,000円くらいで(ドメイン代・サーバー代)

長文を読んでくださった皆さま、
ありがとうございました。

そして4年間、本当にありがとうございました。

※言いたいことがあったら追記したいと思います

追記分

サイト閉鎖のお知らせ②

移転しました

移転しました

移転先はこちらです

海外旅行&ホテル予約情報

移転しました

移転先はこちらです

海外旅行&ホテル予約情報

格安宿泊プラン多数あり

agodaのここがオススメ
最低価格保証
4~7%ポイント還元
マイレージプログラム対応

カテゴリー

▲トップへ戻る